通夜の服装が3分でわかる!!

今回は通夜の服装についてです。

通夜はもとより、葬祭の服装に関してはなかなか知る機会が無いですよね。

そして、こういうことは突然起こります。

参列した際に、マナー違反があったり、失礼があってはご遺族の感情を傷つけてしまうことにもなりかねません。

そこで、今回は通夜の服装をテーマに書いていこうと思います。

通夜とは

お通夜というのは、もともとは、亡くなった人の霊をなぐさめ、最後の一夜を一緒に過ごし、邪霊が入ってくるのを防ぐために行われるものです。

したがって、参列者は、遺族・親族・近所の人・親しい友人くらいでした。

しかしながら、最近では上記以外の人(葬儀に参列できない人等)もお通夜に参列することが多くなってきています。

なくなった方とさほど親しい関係じゃないけど、諸事情で葬儀に出席できないから通夜に弔問する際は、遺族への配慮を心がける必要があります。

ですから、このようなケースでは読経ならびに焼香を終えたら早めに帰るようにしましょう。

 
 
<スポンサードリンク>
   
 

喪服の意味

もともと、喪服が持つ意味というのは、遺族が喪に服していますということをあらわすために着るものということです。

喪服には正式と略式という種類があります。

正式というのはモーニングや和装このとで、略式というのはブラックスーツやブラックフォーマルと呼ばれるものです。

遺族ではなく参列する側の場合は、略式の礼服を着用するようにしましょう。

これは、亡くなった方を偲ぶ目的で正装するという意味合いです。

もし、正式喪服を所有していたとしても、正式喪服で参列すると親族より格が上ということを表してしまいます。

ですから、略式の喪服で参列するようにしましょう。

ちなみに、平服に喪章をつけて参列している人が稀にいますが、喪章は遺族や関係者だという意味ですから、喪章をつけたからといって喪服の変わりになるわけではありません。

通夜の服装

派手でなければ、通夜の服装というのは平服でも大丈夫です。

以前は、通夜に参列する際に喪服というのは、故人の死を準備していたというような意味合いでタブーでした。

しかし、最近は通夜でも喪服で参列するのがオーソドックスなかたちになってきています。

男性

基本はブラックスーツですが、勤務先から直接向かう等の場合は、グレーや紺のダークスーツも大丈夫です。

そして、白シャツ(ボタンダウンは避けましょう)に黒無地のネクタイを着用。

光物は身につけないようにし、タイピンも通常しません。

女性

肌をできるだけ隠すようにするのが基本ですので、夏場でも五分袖くらいあるものがよいでしょう。(黒ワンピース、アンサンブル、スーツ、シルエットがオーソドックスなもの)

バック・靴・ストッキング等も黒が基本で、バックや靴は光物(金色等)の金具がついているものやエナメル素材も避けましょう。

ハンカチは無地で白または地味な色のもの。

傘や冬場などにコートを着用する際も黒かグレーがよいでしょう。(殺生をイメージさせることからファーがついていたり生き物の皮・毛製コート等も避けた方が良いです。)

髪の毛をまとめる等でヘアアクセサリーを使用する場合も派手なものは避けましょう。

和装の場合は色喪服と呼ばれる略礼装を着用します。

女性の通夜での服装については地域の風習的なこともあったりしますから、周りの人等に聞いてみるのも良いでしょう。

子供

幼稚園~学生に至るまで、制服があるなら、それを着用するようにしましょう。

無い場合は、ブレザー(無くても大丈夫)・白シャツ・ズボンまたはスカート(ともに無地で黒か紺かグレー)が良いです。

女の子の場合、リボン・髪飾りは明るい色のものはしないようにしましょう。

赤ちゃんについては、可能であればモノトーン色(グレー等)なければ、自然色(薄水色・ベージュなど)のものを着用します。

豆知識

・礼服を持っていなくて、急な通夜などが入った場合、持っているスーツなどで代用してもいいの?
→通夜の場合、喪服でなくても大丈夫ではありますが、最近は参列者のほとんどは喪服で参列されます。したがって、あなたが社会人または成人している方なら、これを機に礼服一式を購入しておくというのも一つです。

・通夜のときは喪服で行く方が逆に失礼と聞いたことがある。
→以前は、通夜で喪服を着ていくことは無くなる準備をしているようで失礼といわれていました。ただしこれは、和装が主流だった頃の考え方とも言われています。最近は、通夜も喪服で参列する方が一般的ですから失礼にはあたりません。

・通夜にも葬儀にも参列した方がいいのはどれくらいの関係の人?
→参列する側であれば、本当に親しい友人・遠方の親戚・ご近所・会社の上司などの場合は通夜・葬儀ともに参列するケースが多いようです。




スポンサードリンク






 通夜の服装が3分でわかる!! はコメントを受け付けていません。 葬儀

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今回は「夏場の通夜の服装」についてです。 男女別の基本的なマ…

今回は「通夜と葬儀に両方参列する場合」についてです。 ・そも…

今回は「キリスト教の葬儀」について書いていきます。 「急にキ…

今回は、香典金額が3000円の場合のお金の入れ方についてご説…

今回は「葬式の服装」についてです。 お葬式(葬儀)の服装って…

新着情報