『納骨堂の費用』っていくらくらいするものなの?

「納骨堂の費用っていくらくらいかかるんだろう?」このような疑問を持たれたことはありませんか?

images

そこで、今回は、納骨堂の費用やその他の事についてご紹介していきます。

納骨堂の費用と言うのは、「一般的にいくらです。」とざっくり言えるものではありません。

なぜなら、費用の内訳や総額は、その寺院の格式であったり、納骨堂の種類であったり、規模等々によってまちまちだからです。

一般のお墓というのは、墓地を購入して、そこに墓石を建てます。

ですから、霊園などで墓地が販売されるわけです。(正確に言うと永代使用権が販売され、それを購入するわけです。)

納骨堂の場合は、墓地のように販売されるのではなく、永代供養料(加入金や志納金と言う場合もある)を納めることで、永代にまたは、一定の期間の使用権を手に入れることができるのです。

 
 
<スポンサードリンク>
   
 

納骨堂のタイプにはいくつかの種類があり、一般的なものは下記のようなものです。

①ロッカー型
②仏壇型
③普通のお墓が屋内に設置されているようなタイプのもの

費用については、はっきりとした相場をお伝えできませんが、永代供養がついている寺院の納骨堂の場合、一人用で五十万円、家族用で百万円が平均値になるのではないでしょうか?

もっとも、費用的にはもっと費用の安い納骨堂もありますし、逆に有名寺院などの場合だと、二百~三百万以上するものまであり様々です。

加えて、年間の管理料(使用していいる間は、ずっと必要なところや、生前予約者の存命中の間のみなど)等の別途費用が必要となる納骨堂もあります。

東京都などの場合は、都営の納骨堂などがあります。

このような公営の納骨堂は、費用的にはかなり安く抑えることが可能です。

しかし、抽選制の場合が多いため、なかなか当たらないのが現状のようです。

納骨堂を選ぶ際に、まず費用のことが一番先になってしましがちです。

しかし、大事なことは

・どのようなタイプの納骨堂なのか?
・使用できる期間はどうなのか?
・何人納骨できるのか?
・システム

などの、諸条件を考慮した上で、

費用の明細、内訳等をすべて含んだ、総額で考えることです。




スポンサードリンク






 『納骨堂の費用』っていくらくらいするものなの? はコメントを受け付けていません。 お墓・墓地

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

寺院名:真言宗大覚寺派 薬師山 光明院 名称:光明院 永代…

寺院名:大應寺 名称:大應寺合祀堂 所在地:愛知県名古屋市…

今回は「納骨の費用」について、ご紹介していきます。 「納骨の…

寺院名:安楽寺 名称:安楽寺納骨堂 所在地:和歌山県和歌山…

寺院名:慈峰山 栄法寺 名称:永代供養墓 所在地:山口県宇部…

新着情報