永代供養の費用についてよくある3つの疑問を解決!

今回は「永代供養の費用」についえです。

・費用ってどれくらいかかるのか?
・永代供養以外で安くあげれる方法はあるの?
・内訳ってどんなふうになっているの?

などについて、調べてみました。

003896

永代供養って費用はどれくらいかかるものなの?

永代供養の費用ってどれくらいかかるものなのでしょうか?

永代供養については、

「かかる費用についてはこれくらいです。」

ということはできません。

何故かと言うと、永代供養をしている寺院や霊園等によって費用がまちまちだからです。

納骨の形式や寺院・霊園の意向・個別安置の期間・・・等々の無いようによって永代供養の費用が大きく変わってくるというのが現状です。

数万円の所もあれば、数十万、数百万のところもあります。

 
 
<スポンサードリンク>
   
 

永代供養以外の方法で費用を抑えることはできる?

永代供養という方法を採る以外に費用を抑えることが出来る方法というのはあるのでしょうか?

永代供養自体も最近では数万~という費用でやっておられる寺院などもあります。

それよりも費用を抑えたいと考えると、探すのはかなり難しいでしょう。

強いて言えば、市町村の納骨堂などに、安置する方法でしょうか・・・

各市町村にもよりますが、数千円から数万円という費用で、遺骨を安置することが可能です。

ただし、永代供養ではなく、ただ安置をするという形になります。

永代供養の費用ってどのようになっているの?

永代供養の費用というのは実際にどのようになっているのでしょうか?

多くの永代供養をやっている寺院や霊園では、一式料金で、その中に次のようなものを含んでいるケースが多いようです。

供養に対する費用である永代供養料、
納骨の際の費用である、納骨法要のお布施、
永代供養墓の墓誌などに入墓者の名前を刻む刻字料

と言ったものです。

ですが、刻字料や納骨法要料などは別というという寺院や霊園も多くあるのも事実です。

というわけで、永代供養の費用についてですが、

・永代供養ってこれくらいの費用がかかるということは一概に言えない。
・数万円から永代供養できるところもあることを考えると、それ以上に費用を抑える選択肢はあまりない。
・一式料金でやっているところもあれば、そうでないところもある。

ということでした。

個人的な感想としては、永代供養の費用に関しては、いくらかかるのかというよりも、いくらかけるつもりなのか?を考えたほうが、より自分の理想に近い条件のところが見つかるのでは?と思います。




スポンサードリンク






 永代供養の費用についてよくある3つの疑問を解決! はコメントを受け付けていません。 永代供養について

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今回は、永代供養墓の費用について、 ・年間管理費って必ず必要…

今回は「納骨の費用」について、ご紹介していきます。 「納骨の…

「納骨堂の費用っていくらくらいかかるんだろう?」このような疑…

寺院名:慈峰山 栄法寺 名称:永代供養墓 所在地:山口県宇部…

寺院名:南禅寺 帰雲院 名称:永代供養塔「ともし碑」 所在…

新着情報