葬儀のマナー(服装編)社会人に知っておくべきポイントは?

今回は、「葬儀の際の服装のマナー」についてです。

学生時代などは制服などで良かったのですが、社会人になってからの初めての葬儀などは、服装はどのようにすればマナー違反にならないのか?

かなり戸惑う方も多いはずです。

そこで、葬儀の際の服装のマナーをご紹介しようと思います。

004309

004308

葬儀の服装マナーの基本

では、葬儀の際の服装マナー についてです。

葬儀の際の服装は、基本的には黒のフォーマルになります。

・男性の場合
ブラックスーツ(ダブル又はシングル又は三つ揃い)、シャツは白、ネクタイは黒、靴は無金具。

・女性の場合
肌をあまり見せないようにすること。
ワンピーズ(黒)又はスーツ又はアンサンブル、ストッキングと靴は黒。
できれば夏場でも袖は五分くらいはあった方が良いとされています。

学生であれば、学校の制服で大丈夫です。

 
 
<スポンサードリンク>
   
 

葬儀の服装はどこでかえる?

葬儀の服装の基本とされるフォーマルについてですが、レンタルするという方法もあります。

ですが、訃報というのは突然やってくるものなので、急にレンタルというわけにも行きません。

成人したり、社会人になったら、男性も女性も一通り揃えておくのが望ましいでしょう。

それが社会人としてもマナーでもありますし、葬儀などの冠婚葬祭は、社会人となると結構あったりします。

黒のフォーマルは、デパートや洋服の青山などでも購入できますし、イオンなどの大型スーパなどだと、2万円くらいで買えます。

「しまむら」とかだともっと安価で購入できたりします。

葬儀の服装マナーの豆知識

葬儀の際の服装マナ-の基本は前述しました。

ここでは、ちょっとした豆知識的な葬儀の服装マナーをご紹介します。

・冬場の葬儀でコートなどを着用する場合、斎場ないでは脱ぐので、ダッフルコート等でも大丈夫ですが、普段使いとフォーマル両方に使えるコートを一着もっておくとかなり便利です。

・フォーマルを一式揃える時期としては、制服がなくなる(高校などを卒業する)時点が良いという人が結構多い。

・「喪服でなくても、黒のスーツなら大丈夫!という声も最近は増えてきましたが、これは地域によってかなり慣習が違うので、注意するようにしましょう。

というわけで、「葬儀の際の服装のマナー」についてですが、

・男女とも基本は黒のフォーマル
・レンタルという手もあるが、2万円前後で購入できたりもっと安価に手に入れることもできるので、一通り揃えておくのが良い。
・地位域によっては、葬儀の服装マナーがフランクになっていない地域もあるので、注意が必要。

ということでした。




スポンサードリンク






 葬儀のマナー(服装編)社会人に知っておくべきポイントは? はコメントを受け付けていません。 葬儀

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今回は「葬式の服装」についてです。 お葬式(葬儀)の服装って…

今回は、葬儀の際の革靴などのマナーについてです。 ・男性はど…

今回は「キリスト教の葬儀」について書いていきます。 「急にキ…

お問い合わせ   お問合せフォームよりお問い合わせ…

今回は葬儀の際の受付マナーについてです。 成人するまでは、葬…

新着情報