葬儀のマナー!「革靴」はどのようなものを選べばいいの?

今回は、葬儀の際の革靴などのマナーについてです。

・男性はどのようなものを履けばいいのか?
・女性は?
・子供は?

革靴をはじめ、靴関係の葬儀マナーをご紹介します。

004308

葬儀に履いていく革靴のマナー(男性)とは?

葬儀の際に履いていく革靴は、どのようなものにするのがマナーなのでしょうか?

一般的に、男性の場合は、黒の内羽根のストレートチップが良いとされています。

さて、ここで問題なのが、葬儀のマナーもそうなのですが、革靴用語です。

革靴には、内羽根式と外羽根式があるのですが、あなたは区別ができますか?

「内羽根」って何?って思われる方も多いのではないでしょうか?

「内羽根」式とは、鳩目の部分と甲の部分が一緒につながっている様な形状の革靴です。

「外羽根」式とは、鳩目の部分と甲の部分が別の様な状態になっていて、甲の部分の上に鳩目が乗っかっている様な形状の革靴です。

ちなみに鳩目と言うのは、紐を通す部分のことです。

内羽根式の革靴のほうが、清楚さがあると言われていることから、葬儀をはじめフォーマルな場面では、マナー的にも良いとされています。

ストレートチップというのは、つま先の辺りに、一本の横線が入っているデザインの革靴です。

葬儀の場合、エナメルや光沢のある革靴はマナー違反とされていますので、本革か合成皮革の光沢のないものを選ぶようにしましょう。

ストレートチップでなくても、プレーントゥ(横ラインのないもの)でも大丈夫です。

また、これは男女とも共通のマナーですが、葬儀の際には、アニマル調やスエードは殺生をイメージさせるのでマナー違反ですし、

光沢感もマナー違反ですから、葬儀の際には金具が目立つようなものも避けましょう。

また、ショートカットブーツ系やスニーカーも避けるようにしましょう。

 
 
<スポンサードリンク>
   
 

女性や子供は、葬儀の際にどのような靴を選ぶのがマナーなの?

女性の場合は、黒のプレーンの革のパンプスが葬儀の際のマナーとされています。

女性も光沢のないもので、ヒールは5センチくらいの低めの高さでシンプルなものを選ぶようにしましょう。

素材は、本革・合成皮革・布・ポリエステルなどが良いです。

毛皮・クロコダイル・エナメル・デザインの凝ったものなどは避けるのが葬儀の際のマナーです。

ストラップはあっても大丈夫ですが、金具が目立たないような物を選ぶようにしましょう。

また、つま先やかかとなどを含め肌の露出が多くなる、サンダルやミュールは避けるようにし、ピンヒール・逆にヒールのない靴・ウェッジソールなども避けるのがマナーです。

子供の葬儀の靴はどうすればマナー違反にならない?

子供の葬儀の靴も頭を悩ませることの一つですね。

子供の場合は、学校のローファーや、なければ黒やグレー系のスニーカであればマナー違反にはなりません。

というわけで、葬儀の際の革靴などのマナーについてですが、

・男性は黒の内羽根式のストレートチップで本革か合成皮革の光沢なしの革靴
・女性は黒の光沢なしのプレーンなパンプス
・子供は学校のローファーか、黒かグレー系のスニーカー

ということでした。




スポンサードリンク






 葬儀のマナー!「革靴」はどのようなものを選べばいいの? はコメントを受け付けていません。 葬儀

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

前回に続き、葬儀参列の際のマナーについてです。 今回は、葬儀…

今回は葬儀の際の受付マナーについてです。 成人するまでは、葬…

今回は、「葬儀の際の服装のマナー」についてです。 学生時代な…

葬儀に参列する際のマナーって、なかなか知る機会がないですよね…

今回は、葬儀の際の親族のマナーについてご紹介しようと思います…

新着情報