四十九日の香典返しの相場をわかりやすく解説!

今回は、四十九日の際の香典返しの相場などについてです。
四十九日で無礼にならないように、どれくらいのものにすればいいのか?あなたも迷っていませんか?
香典返しと満中陰志との違いや、相場の考え方などについてご紹介していきます。

kouden_gaeshi

四十九日とは?香典返しと満中陰志の違いは?

まずは、「四十九日」とはどういうものなのか?、簡単におさえておきましょう。
仏教の世界では、人が亡くなってからの四十九日間を「中陰」といいます。
そして、四十九日目(忌明けともいいます)を満中陰と呼びます。

厳密に言うと、四十九日までの間は7日に一度ごとに法要(供養)が行われます。
「なななのか」などということもありますね。
この7日に一度の法要は、遺族だけで行うことがほとんどなのですが、四十九日の法要に関しては、親族や故人の友人・知人などもお呼びして法要を営むことが多いのです。

満中陰志とは、主に関西でよく使われるのですが、香典返しのことです。
正確には、香典返しの表書きに使う言葉です。

 
 
<スポンサードリンク>
   
 

四十九日の香典返しの相場はいただく香典相場から考える

では、四十九日の香典返しの相場の考え方ですが、大事なポイントがあります。

それは、「四十九日法要に参列いただく方がどのような人たちかを考えること!」ということです。

なぜかといいますと、香典返しの相場は、いただく香典の2分の1から3分の1くらいだと言われています。

そして、参列される方々は、「故人との血縁関係の有無」や「付き合いの親しさ」「四十九日法要で会食があるかないか?」などによって香典の金額を決めるケースがほとんどだからです。

ですから、どのような方たちに参列していただくのか?や法要後の会食をどうするのか?ということを考えながら香典返しの相場を判断することが重要です。

四十九日の香典の相場ってどれくらいなの?

では、四十九日法要の香典の相場というのは、一般的にはどのように考えられているのでしょうか?

この金額には正解はありません。
紹介されている冠婚葬祭の本屋、ネットの情報などもまちまちだからです。
これは、冠婚葬祭の風習は、地域ごとにかなり違ってくることが理由の一つしてあげられます。

あくまで目安としての紹介となりますが、

・場所は自宅か斎場またはホテルなどか?
⇒自宅でなく、どこか別の場所で四十九日法要を執り行う場合はちょっと金額をプラスされる方が多いようです。

・会食はあるか?
⇒一般的には会食の仕出しや弁当は、4000~5000円位のものが多いようですね。ですから、1~2万プラスの方が多いようです。

・故人との血縁関係の有無
⇒血縁関係がない場合は、10000~30000円、ある場合は20000~50000万円が多いようです。

・故人との付き合いの深さ
⇒普通の知り合い程度なら5000円~10000万円、お世話になった方や親しかった方なら10000円~30000円が多いようです。

ちなみに夫婦などで出席する場合は、掲載金額の最低金額×二人文にプラス10000円位のケースが多いようです。

というわけで、

四十九日法要の香典返し(満中陰志)の相場は、参列される方々がどのような方たちかを考えることが大事!

ということでした。




スポンサードリンク






 四十九日の香典返しの相場をわかりやすく解説! はコメントを受け付けていません。 香典

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今回は「四十九日法要のときにお渡しするのは香典返しなのか否か…

今回は、親戚の四十九日法要の場合の香典の相場についてご紹介し…

今回は「葬儀の際の香典返し(満中陰志)(満中陰志)の時期につ…

今回は、「四十九日法要などでの香典返しの熨斗(のし)」につい…

今回は、親戚が北海道の方であった場合の香典の相場についてご紹…

新着情報