四十九日とは?初七日含め意味やちょっとした小話をご紹介!

今回は、「初七日や四十九日とはどんな意味がるのか?」についてご紹介していこうと思います。

osoushiki_obousan

四十九日や初七日とは?

では、初七日や四十九日の意味についてご紹介していきましょう。

もともと人は亡くなると、生きていた時の行いや罪状を裁かれるという考え方があります。
それが、亡くなった日から7日おきにあるのです。
初七日からはじまって四十九日まであるわけですね。

この世の人間は、亡くなった方が無事に極楽浄土に行けるように、その裁きを受ける日に、仏様にお願いをするわけです。

ですから、亡くなってから7日おきに法要を行うと言われています。
そして、裁きが終わるのが忌明けと言うわけです。

というようなことから、はじめの七日目「初七日」と「四十九日」には法要を行うという風習があるわけです。
(厳密には四十九日までは七日お気に供養をするのですが、、、)

特に四十九日法要は、忌明けであり裁きの終わる日ですので、皆を集めて大きな法要をするわけです。

加えて、亡くなった人は、四十九日までの間七日おきに、残された者たちを心配して様子を見に来るのだという考え方もあるようです。

 
 
<スポンサードリンク>
   
 

四十九日のちょっとした小話

では、上記の説明とはちょっとずれますが、四十九日に関するちょっとした小話をご紹介しましょう。
「こんな話もあるんだ~」くらいの、あくまで一説としてお読みくださいね。

日本というのは面白い国で、葬送文化に関しては、アミニズムや仏教、神教、儒教などの考え方が入り混じっているということをご存知でしょうか?
日本ではもともと、人がなくなると鬼になると考えられていたようでう。
ですから、縄文時代などは鬼が出てこないように、体育座りの様な状態で瓶の中に埋葬していたようです。

人は亡くなると鬼になる、それは怖いから山の上に埋葬をしたようです。
これを埋め墓といったりしますね。

しかし、供養をするのに毎回山の上まで行くのは大変です。
そこで、集落の外れなどにお参りの用のお墓を立ててそこに手を合わせるようになったのが、郷墓(参り墓)と言われるものです。
郷墓の集まっている所にお堂を立てて、お墓の管理や供養などをしてもらうためにお墓を見てもらう人に来てもらったのが、今のお寺の期限の一つとも言われているようです。

喪に服すをいいますが、これは亡くなった人(=鬼)がやって来ないように、目立たない格好で静かに過ごすという意味もあったようです。
そして、その鬼はある一定の期間を過ぎると、鬼ではなくなり和御魂(にぎみたま)になると言われていました。
穏やかな魂になるということです。

その鬼から和御魂になる時期を忌明けといい、亡くなってから忌明けまでの期間が四十九日と考えられていたようです。

文化・風習って知っていくと結構面白いですよね!

というわけで、

「初七日や四十九日とは、どういう意味なのか?」
についてでした。




スポンサードリンク






 四十九日とは?初七日含め意味やちょっとした小話をご紹介! はコメントを受け付けていません。 法要・供養

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今回は「四十九日法要のときにお渡しするのは香典返しなのか否か…

今回は、親戚の四十九日法要の場合の香典の相場についてご紹介し…

今回は「葬儀の際の香典返し(満中陰志)(満中陰志)の時期につ…

今回は、四十九日の際の香典返しの相場などについてです。 四十…

今回は、「四十九日法要などでの香典返しの熨斗(のし)」につい…

新着情報