葬儀の香典返し(満中陰志)を贈る時期はいつがいいの?

今回は「葬儀の際の香典返し(満中陰志)(満中陰志)の時期についてご紹介していきます。

kouden_gaeshi

葬儀の香典返し(満中陰志)の時期は「いつ」が正解なの?

葬儀の香典返し(満中陰志)をお贈りする(お渡しする)時期というのはいつが正しいのでしょうか?

葬儀の香典返し(満中陰志)の時期は一般的に二種類に別れます。
一つは「忌明け」、もう一つは「即日返し」です。

本来、葬儀の香典返し(満中陰志)は忌明けにお贈りする(お渡しする)のが一般的でしたし、直接持参するのが一般的でした。
仏式の場合、故人がなくなった日から七日おきに四十九日まで法要を営むのが昔からの風習・形式です。
(ちなみに日数は亡くなった日も含めます。)

しかし、家族や親族がそれぞれ離れたところに住んでいて、なかなか集まれないというケースが多いのも現状ですね。
ですから、忌明けに郵送する場合も増えてきたわけです。

そして、葬儀の際に初七日法要も同時に行うことなども増えてきました。
前述の理由から四十九日法要に参列できる人も少ないケースもありますし、余計な費用をできるだけかけないようにするという風潮などもあって、葬儀の際に即日で香典返し(満中陰志)を渡すケースも大変多くなってきたというわけです。

ちなみに、即日返しの場合、葬儀の際の「会葬返礼品」と「香典返し(満中陰志)」は別に用意します。

 
 
<スポンサードリンク>
   
 

葬儀の香典返し(満中陰志)の時期は各宗教によって違うの?

葬儀の香典返し(満中陰志)は、各宗教によって時期が微妙にことなってきますので、注意が必要です。

・仏式の場合
前述のとおり、忌明け(四十九日)後または、即日返しでお渡しする(お贈りする)のが一般的です。

・キリスト教の場合
もともとキリスト教には、「香典返し」という概念はありません。
しかし、ここは日本ですから、日本の風習に合わせて「香典返し(満中陰志)」を送られることもあります。

その際は時期的には三十日祭の昇天記念日の後にお贈り(お渡し)することが多いようです。

・神式の場合
仏式でいう「忌明け」の時期は、神式では五十日祭にあたります。
ですから、この時に葬儀の香典返しをお贈り(お渡し)することが多いようです。

葬儀の香典返し(満中陰志)を即日返しでお贈りする際の豆知識

葬儀の香典返し(満中陰志)を即日返しでお贈りする場合、品物は一律にすることが多いようです。

しかし、中には高額の香典をいただくこともあります。
香典返し(満中陰志)の相場は半返しと言われていますから、即日返しでお渡しする香典返し(満中陰志)の品物と香典返し(満中陰志)が見合わない場合も出てきます。

そのような場合は、後日改めて、それにふさわしい品物をお贈りすると良いでしょう。

ちなみに、香典返し(満中陰志)の相場は半返しですが、上限は15,000円くらいまでとも言われることもあるようです。

というわけで、「葬儀の香典返し(満中陰志)の時期」についてご紹介してきましたが、


時期は「即日返し」と「忌明け」がある


各宗教によって、葬儀の香典返し(満中陰志)の時期は微妙に異なる

ということでした。




スポンサードリンク






 葬儀の香典返し(満中陰志)を贈る時期はいつがいいの? はコメントを受け付けていません。 香典

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今回は『香典返しの「のし」の選び方や「表書き」の書き方』につ…

今回は満中陰志(香典返し)の相場についてです。 満中陰志とは…

今回は、「四十九日法要などでの香典返しの熨斗(のし)」につい…

今回は、四十九日の際の香典返しの相場などについてです。 四十…

今回は、「会社等で連名で香典をいただいた場合の香典返し」につ…

新着情報