香典返し「のし」「表書き」の選び方と書き方

今回は『香典返しの「のし」の選び方や「表書き」の書き方』についてご紹介していきます。

kouden_gaeshi

香典返しの「のし」の選びかた

では、香典返しの「のし」にはどのような種類があるのでしょうか?

香典返しの「のし」の種類には

・水引=黒白/白蓮なし
・水引=黒白/白蓮あり
・水引=黄白

の三種類があります。

宗教等関係なく、オールマイティーに使用できるのは「水引=黒白/白蓮なし」です。
「水引=黒白/白蓮あり」を使用するのは、仏式のみとなります。

「のし」の水引の結び方についてですが、「結びきり」が一般的なようです。
これは、結び直すことが出来ないが転じて、弔事がたびたび起こらないようにという意味で用いられるようになりました。

また、「あじわい結び」の場合もあります。
この結び方はおめでたいことの場合にも使用できる結び方で、末永くお付き合いできるようにという意味があります。

 
 
<スポンサードリンク>
   
 

香典返しの「表書き」の種類

では、香典返しの「表書き」にはどのような種類があるのでしょうか?

宗教関係なく使用できるのは「志」です。

仏式の場合には、「忌明志(きあけし)」「満中陰」「満中陰志」などがあります。
仏式の場合、香典返しは本来忌明け後にお贈りするものでしたから、忌明け後のこころざしという意味合いで用いられるようです。

神式の場合には、「偲草(しのびぐさ)」「偲び草」「茶の子」などが用いられます。

キリスト教の場合には、「感謝」「粗品」「召天記念」などが用いられるようです。
ちなみに「召天記念」はプロテスタントの場合です。

一般的な組み合わせと、関西方面特有の香典返しの「のし」と「表書き」

一般的にどの宗教でも、どこの地域でも大丈夫な香典返しの「のし」と「表書き」の組み合せは?というと、
「のし」は「黒白で白蓮なし」で、「表書き」は「志」のパターンです。

関西方面では、香典返しの「のし」と「表書き」には独特の風習があります。

具体的には、のしは「黄白の水引」を使い、表書きは「満中陰志」と書きます。
(関西方面でも、一般的な組み合わせを用いる方も多いですが・・・)

というわけで、『香典返しの「のし」と「表書き」について』ご紹介してきましたが、


・「のし」は三種類ある。


・「表書き」は各宗教によって用いる言葉に違いがあるが、「志」はオールマイティーに使用できる。


・一般的でオールマイティーな組み合わせは「黒白白蓮なし」のしに、「志」の表書き。


・関西では、黄白ののしに、満中陰志の表書きという特有の風習もある。

ということでした。




スポンサードリンク






 香典返し「のし」「表書き」の選び方と書き方 はコメントを受け付けていません。 香典

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今回は「四十九日法要のときにお渡しするのは香典返しなのか否か…

今回は、「四十九日法要などでの香典返しの熨斗(のし)」につい…

イオンでは、どのような香典返しの品物があるのでしょうか?気に…

今回は、香典返しの品物を「伊勢丹」「小田急」「そごう」で調べ…

今回は「葬儀の際の香典返し(満中陰志)(満中陰志)の時期につ…

新着情報