香典の相場|会社で一同で包む場合

会社で〇〇一同と言うかたちで香典を包む場合の相場についてご紹介していこうと思います。

118442

香典の相場、会社で一同で包む場合によくある悩みとは?

まず、会社で一同で香典を包む場合によくある悩みが、「個人で包むのが良いのか?一同で包むのがいいのか?どちらがいいの」と言うものです。
これについては、1人が包む香典の金額によってめ変わってきます。

一般的に、1人が包む香典の金額が2,000円以下なら一同と言う形を用い、3,000円以上であれば、個人で香典を包むと言うのが一般的なようです。

香典の金額が3,000円以上になると、受け取る側も香典返しや返礼品などの必要が一般常識として出てきますので、そういう場合は個人で渡した方が良いと言う事ですね。

 
 
<スポンサードリンク>
   
 

会社で一同で包む場合の香典の相場は?

では、会社で一同で香典を包む場合の相場はいくらぐらいなのでしょうか?

これについては、相場と言うものはあまりないように思います。

逆に一同で香典を包むと言う事は複数の人から香典を集めることになりますから端数などが出てしまう恐れがあります。

あまり切りの良い数字かどうかと言う事は気にしすぎる必要は無いですが、4や9といった一般的に避けた方が良い金額又は数字などは用いない方が良いかと思われます。

会社で一同での場合に香典の相場を考える際の注意点

一同で香典を包む場合には、「〇〇株式会社△ △ 一同」と言うような書き方をします。
一人ひとりの金額が香典返し等が必要な金額(3,000円や5,000円以上)の場合は別紙に全員の名前と住所を記入して香典袋に同封しておきます。

また香典返し等の辞退を申し出る場合は、香典袋の余白や内袋などに香典返しを辞退する旨を書き添えると良いでしょう。

と言うわけで、
会社で一同で香典を包む場合の相場
についてご紹介しました。
一人ひとりの金額を統一するのか?一同ではするが個人に任せるのか?なども相談したり決めた上で包むようにしましょう。

 
 
 
>>>【香典の相場】「簡単チェック!一覧早見表」と注意するポイントはこちら



スポンサードリンク






 香典の相場|会社で一同で包む場合 はコメントを受け付けていません。 香典

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今回は、会社の得意先の場合の香典の相場についてご紹介していき…

今回は、会社の先輩の親御さんが亡くなられた場合の香典の相場に…

会社の取引先の方が亡くなられた場合、香典の相場はどのようにす…

今回は、「会社等で連名で香典をいただいた場合の香典返し」につ…

今回は、会社の元上司が亡くなられた場合の香典の相場についてご…

新着情報