満中陰志(香典返し)の相場について基本から考え方・マナーまでを解説!

今回は満中陰志(香典返し)の相場についてです。
満中陰志とは、関西地方で使われる香典返しのことなのですが、相場はいくらぐらいか?というのを調べていくとそれ以外にも、すごい疑問が湧いてきました!
当然、満中陰志の相場などについてもご紹介していきますが、
葬儀と49日法要両方に参列していただいた方へはどうしらいいのか?」というのが、調べてもほとんど答えが見つからなかったので、調べてまとめてみました。

kouden_gaeshi

満中陰志(香典返し)の相場はどのくらいにすればいいの?

満中陰志(香典返し)の相場はどのように考えればいいのでしょうか?
基本的には、いただいた香典の「半返し」と言われています。

ですが、いただいた香典の金額が低い金額だったり、一同でいただいた場合、高額な金額をいただいた場合なども同じようにするべきなのでしょうか?
香典返しの基本は半返しですが、上限は15,000円くらいまでで良いとも言われています。
また、3,000円以下の香典の場合には、香典返し(満中陰志)は必要ないとも言われています。
しかし、最近は500円程度から香典返しの品物を選べたりしますので、そういうものを検討するのも一つの選択肢ですね。

一同で香典をいただく場合も、一人あたりの金額が3,000円以下の場合が多いです。
ですから、する必要がないといえばないのですが、一同でいただく香典などは会社関係などが多かったりします。
そんなときは、お菓子の詰め合わせなどを香典返しにして、みんなで分けてもらう様にされる方も多いようです。

 
 
<スポンサードリンク>
   
 

そもそも満中陰志って何?

「満中陰」とは、49日の法要のことをいいます。
ですから、本来は49日の法要で香典をいただいた方へのお返し(志)を「満中陰志」と呼びます。
しかし、葬儀の香典返しを忌明け(49日)後にする場合も多いことから、この場合も「満中陰志」と呼ばれることが多いです。

ですから、「満中陰志(香典返し)」の相場は?と調べてみると、葬儀の香典のことなのか?49日の香典のことなのか?ごちゃごちゃに書かれている場合が多く、よくわからない!という人が多いようです。

今回は、この辺りのことも整理してみようと思います。

粗供養と香典返し(満中陰志)の違い

まず、香典返し(満中陰志)と粗供養の違いですが、下記のようになります。

「粗供養」・・・法要に参列していただいたことに対するお礼(返礼品)
「香典返し(満中陰志)」・・・いただいたお香典に対するお礼

粗供養と香典返しがごちゃごちゃになっている人て結構多いようですね。
(この記事を書いている私もそうでした。)

ちなみに、粗供養の相場ですが3,000円くらいの品物を選ばれることが多いようです。
中身は、使うとなくなるような日用品(洗剤など)やお菓子などが多いです。

ということは、本来は粗供養と香典返し(満中陰志)は別に用意するということになります。
(葬儀の場合は、粗供養が会葬返礼品にあたりますね。)

葬儀と49日法要両方に参列いただき、香典をいただいた方へはどのようにすればいいの?

葬儀の際の香典返し(満中陰志)は「即日返し」にする場合と「忌明け後」にする場合と2通りありますが、ここでややこしくてわからなーぃ!となっってしまいませんか?

例えば、葬儀にも参列してもらって香典もいただいたが、香典返し(満中陰志)は忌明けにしようと思っていいた。
その方が49日法要にも参列してくださり、また香典をいただいた。

こんな場合、どうすればいいの?なんて疑問も出たりします。

葬儀のみの参列者

この場合は、即日返しで香典返しをされている場合は、忌明けにする必要はありませんし、
そうでない場合は、忌明け後に香典返し(満中陰志)の品物を送るのが一般的ですね。

葬儀・49日法要両方参列いただいき香典もいただいている方

この場合に、困ってしまう方が多いのですが、場合分けして考えてみましょう。

即日返しの場合

葬儀の香典返しを即日返しで行っている場合は、49日法要の香典返し(満中陰志)もちゃんとするのが丁寧なやり方です。

忌明けに満中陰志(香典返し)を贈ろうと思っていた場合

この場合、丁寧なやり方であれば、それぞれの香典に対して香典返しを行うか、いただいた香典の合計に対しての香典返し(満中陰志)を用意します。

ただし、最近は必ずしも丁寧なやり方で香典返し(満中陰志)を送る方ばかりでもないようです。
香典を包まれる側も、あまり気にされない方も多くなってきたように思います。

ですが、香典や香典返し(満中陰志)が発端で親戚間のイザコザが起きてしまったというようなケースも結構ありますから、基本的なマナーとして香典返し(満中陰志)の相場や意味を知っておくことは大事ですね。

あとは、風習やしきたりは、地域やお家によってもかなり違ってきたります。
家族や親戚などの中で、詳しい方がいらっしゃれば、必ず聞いてみるようにしましょう。

というわけで、
満中陰志(香典返し)の相場
などをご紹介してきましたが、相場や形式も当然大事なのですが、
満中陰志(香典返し)や粗供養などが本来どういうものなのか?を知っておくと、困ったときに自分で解決策の見当をつけることができるようになりますね

 
 
 
>>>【香典の相場】「簡単チェック!一覧早見表」と注意するポイントはこちら



スポンサードリンク






 満中陰志(香典返し)の相場について基本から考え方・マナーまでを解説! はコメントを受け付けていません。 香典

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今回は「葬儀の際の香典返し(満中陰志)(満中陰志)の時期につ…

今回は『香典返しの「のし」の選び方や「表書き」の書き方』につ…

今回は、四十九日の際の香典返しの相場などについてです。 四十…

今回は、「四十九日法要などでの香典返しの熨斗(のし)」につい…

今回は「四十九日法要のときにお渡しするのは香典返しなのか否か…

新着情報