通夜と葬儀は両方に参列する? 香典や記帳等のマナーについて

今回は「通夜と葬儀に両方参列する場合」についてです。

・そもそも通夜と葬儀両方に参列する必要があるの?
・香典はどうしたらいい?
・記帳はどうしたらいい?
・一般的な慣習と違う地域もある!?

などについて詳しくご紹介していきます。

003744

通夜と葬儀は両方参列するものなの?

まず、通夜と葬儀には両方参列しないといけないのでしょうか?
あなたが故人とよほど親しい関係であったり、親族などでない場合は、通夜か葬儀のどちらかに参列すれば礼は尽くされると言われています。

最近では、両方に参列できない事情がある場合も多いのではないでしょうか?
親族や取引先などでない限り、特別な休暇などを取れることも少ないでしょう。

最近では、通夜は夜に行われますから、都合がつけやすいということで、通夜のみの参列という方も結構多いようです。
しかし、告別式の案内しかもらっていないのに通夜に参列するという場合は、マナー違反と思われる場合もありますから注意するようにしましょう。

 
 
<スポンサードリンク>
   
 

通夜と葬儀に両方参列する場合の香典はどうすればいい?

通夜と葬儀の両方に参列する場合、香典はどちらか一方の時にお渡しするということで大丈夫です。
香典というのはそれぞれの式に対して出すものではありません。
亡くなられた方のご遺族に不時の出費を相互扶助するという意味合いが強いのです。
ですから、両方に参列する場合でもどちらかで大丈夫です。

では、通夜と葬儀のどちらで渡せばいいのか?ということですが、

・どちらか一方しか参列できない場合⇒参列時に渡す。
・両方に参列する場合
 通夜の時に渡せるように準備しておく
 ↓
 通夜で渡せない状況の場合は葬儀(告別式)で渡すようにする

という考え方でいいかと思います。

ちなみに、通夜で渡せない場合というのは、実際に参列してみて周囲の状況を見てみるとたまにそういう場合があるのですが、
参列者が親族のみなどで受付がなかったりするような場合などです。

通夜と葬儀に両方参列する場合、記帳はどうしたらいいの?

記帳に関しては、遺族の方が通夜・葬儀にそれぞれその方が参列してくださったのか?確認される場合もあり、両方で記帳する場合が多いようです。

通夜では基本的に記帳をします。
そして、葬儀(告別式)の時には、受付で「通夜で記帳は済ませているのですが・・・?」と確認してみるのがよいかと思おいます。

こうすれば、必要であれば記帳をお願いされますし、必要なければその旨を伝えていただけます。

地域による違いや例外もあるので注意するようにしましょう。

通夜と葬儀の香典の慣習については、上記の内容が一般的ではあるのですが、違う慣習がある地域もあったりします。
例えば、通夜の際には「通夜見舞い」をお渡しし、葬儀の際に「香典」をお渡しするというような地域もあったりします。

ですから、一番いいのはその土地の通夜や葬儀に参列されたことのある方や詳しい方に聞いてみることです。

というわけで、
通夜と葬儀に両方参列する場合の香典や記帳、マナーなどについて
でした。




スポンサードリンク






 通夜と葬儀は両方に参列する? 香典や記帳等のマナーについて はコメントを受け付けていません。 葬儀

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

葬儀に参列する際のマナーって、なかなか知る機会がないですよね…

今回は葬儀の際の受付マナーについてです。 成人するまでは、葬…

今回は、親戚の葬儀等に夫婦で参列する場合の香典の相場について…

前回に続き、葬儀参列の際のマナーについてです。 今回は、葬儀…

今回は通夜の服装についてです。 通夜はもとより、葬祭の服装に…

新着情報