【香典の入れ方】3000円にしようと思った場合に必ずチェックすること!

今回は、香典金額が3000円の場合のお金の入れ方についてご説明します。
 
「そもそも香典が3000円って大丈夫なの?」なんて疑問もあるかと思います。
 
この記事では、お金の入れ方をはじめ、香典が3000円の場合の考え方や注意点についてもご説明していきますね!
 
 

香典が3000円の場合のお金の入れ方

 
では、香典が3000円の時、お金の入れ方はどのようにすればいいのでしょうか?
 
別の記事でもご説明しましたが、基本的なポイントは3つです。

「裏向き」「人物上」「新札はダメ」の3つ
ですね。
 
お札は裏向き(人物が載っていない方が表)で、香典袋の上側に、お札表面に載っている人物がくるようにします。
 
お札の向きは全てそろえるようにしましょう。
 
新札しかない場合は、一度二つ折りにしてから入れるようにします。
 
香典のお金の入れ方は、基本をおさえれば、どの金額の場合でも応用がききます
 
くどいかもしれませが、ポイントは「裏向き」「人物上」「新札はダメ」の3つです。
 
 


 
<スポンサードリンク>
   
 
 

そもそも香典が3000円っていいものなの?

 
「そもそも、香典の金額が3000円って失礼にならないのかなぁ~、大丈夫かなぁ~?」
 
3000円にするときってこう思ってしまわないですか?
 
香典の金額が3000円のケースというのは確かに割合としては少ないのが現状です。
 
よくあるケースとしては、職場の方やその配偶者などの家族の場合、連名で合計10000円くらいの香典を包む場合の一人あたまの金額の場合などです。
 
香典というのは、基本的に相互扶助の精神から生まれたものです。
 
どういうことかというと、通夜や葬儀、法要などは行う側も何かと費用がかかります。
 
香典返しなどもその一例ですよね!
 
そして、参列する側は、故人と縁があったから参列するわけです。
 
せっかく縁があったのだから、故人の供養(通夜や葬儀や法要など)は、親族だけではなくて、参列するものみんなで助け合おう!
という意味合いで、香典というのはそもそもあるわけです。
 
ということは、施主側(行う側)が、言い方は悪いですが赤字になるようなことがあれば、相互扶助ではなくなってしまいますよね。
 
ですから、せめて香典が3000円の場合や連名でひとりあたま3000円の場合は、香典返しを辞退するのがマナーとも言われています。

 
 
 

というわけで、香典金額が3000円の場合のお金の入れ方などをご紹介しました。
 
金額がどうであれ、故人に対しての供養の気持ちと、相互扶助の精神を持って考えるということが一番大事!
私はそう思ういます!

 
 
 
 
>>>【香典の相場】「簡単チェック!一覧早見表」と注意するポイントはこちら
 




スポンサードリンク






 【香典の入れ方】3000円にしようと思った場合に必ずチェックすること! はコメントを受け付けていません。 香典

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「5000円のときのお金の入れ方ってどうしたらいいの?」 「…

今回は、香典袋を使う場合のお金の入れ方や向きについてです。 …

香典袋を包む時に使うふくさ(袱紗)って、意外と入れ方や包み方…

「香典の金額を一万円に決めたのはいいけど、書き方はどうしたら…

今回は、 ふくさの色や種類や必要性についてです。 ふくさは、…

新着情報