【香典のお金の入れ方】5000円入れる時に使えるやり方まとめ!

「5000円のときのお金の入れ方ってどうしたらいいの?」
「香典の金額を5000円に使用と思うんだけど、1000円札がいいの?5000円札がいいの?」
等々、疑問に思っていませんか?
 

 
今回は、香典金額が5000円の場合に焦点を当てて、お金の入れ方などをご紹介していきます。
この記事を読んでいただければ、マナーはばっちりです。

 
 
 

香典が5000円の場合のお金の入れ方はどうしたらいい?

 
では、実際に香典が5000円の場合のお金の入れ方について説明していきますね
 
まず「お札の向き」ですが、お札の裏(人物が載っていない方)を表にして、表の人物が香典袋の上側に来るようにします
1000円札の場合は全て同じ向きでそろえるようにします。
(1000円札がいいのか?5000円札がいいのか?については後で解説しますね!)
 
そして、新札は使わないようにするのが良いです。
新札しかない場合は、一度二つに折ってから使うようにしましょう。
 
お金の入れ方は、5000円でも1万円でもどの金額でも基本は同じです。

「裏向き」「人物上」「新札ダメ」
の3つをおさえるようにすれば大丈夫です。
 
 


 
<スポンサードリンク>
   
 
 

1000円札5枚と5000円札1枚はどちらがいいの?

 
では、香典の金額が5000円の場合に、1000円札が5枚と5000円札が一枚の場合は、どちらがいいのでしょうか?
 
結論的にいうと、どちらでも大丈夫です。
 
受け取る側になって考えてみてください。
ありがたくいただくものなのですから、
「1000円札でなんて失礼だわ!」
なんて、あなただったら考えるでしょうか…?
 
考えないですよね。
 
ということは、世間一般に受け取る側はそんなこと基本的には考えないということです。
 
ただ、私は通夜・葬儀や法要ごとなどの受付を結構な回数こなしてきているのですが、受付の人間は、受け取る都度金額を確認します。
香典袋に金額がちゃんと書いてあればいいのですが、書かれていない場合も結構あったりするわけです。
 
その時に、5000円札なら一目でわかりますが、1000円札の場合は3000円か5000円かの主に二つの場合があるので、その都度枚数を数えないといけないということがあります。
ですから、個人的には5000円札の方が受付の人にとっては楽かなと思います。
 
ただ、香典を持っていかないといけない場合は、法要ごとを除いて通夜・葬儀は急に訪れるものです。
そんな時に5000円札がない場合もあります。
その時は1000円札でも、大丈夫なので安心してくださいね
 
 
 

というわけで、香典が5000円の場合のお金の入れ方についてご説明してきました。
 
 
 
 
 
 
>>>【香典の相場】「簡単チェック!一覧早見表」と注意するポイントはこちら




スポンサードリンク






 【香典のお金の入れ方】5000円入れる時に使えるやり方まとめ! はコメントを受け付けていません。 香典

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今回は、香典金額が3000円の場合のお金の入れ方についてご説…

今回は、香典袋を使う場合のお金の入れ方や向きについてです。 …

香典袋を包む時に使うふくさ(袱紗)って、意外と入れ方や包み方…

「香典の金額を一万円に決めたのはいいけど、書き方はどうしたら…

会社の同僚の親御さんが亡くなられた場合の香典の相場っていくら…

新着情報