【香典袋の種類】「黄色」の水引はいつ・どのように使うのが正解なの?

香典袋の種類って意外と結構あったりするんですが、水引が黄色もあったりします。
今回は、「香典袋の色の種類によって用途が違うのか?」「なぜ黄色の水引があるのか?用途は?」などの情報をお伝えしていきます。
 

 

色の種類によって香典袋の用途は違うの?

 
香典袋には、水引(結び)の色が「黒と灰色」があったり「黒と白」があったり、「黄色と白」などがあったりします。
 
葬儀などの香典の場合はどれを使って、法事などの香典はどれを使えばいいの?って疑問に思いますよね。
 
一般的には、通夜・葬儀の場合は「黒白」や「双銀」の水引の香典袋を使用します。
 
が、京都や北陸地方の場合、「黄白」の水引の香典袋を、葬儀・法要で使用することがあります
加えて、法要やお寺様へのお布施などにも、この黄白の香典袋が使われる場合があります。
 
では、一体なぜ京都や北陸地方では、この「黄白」の香典袋が使われるようになったのでしょうか?
 
 


 
<スポンサードリンク>
   
 
 

祀り事と水引の色の種類はには格式が関係している?

 
昔から、日本では冠婚葬祭、要は祀り事にも格式があると考えられていたようです。
婚礼が一番格式が高く、弔事が一番低い格式と考えられていたようです。
これが、香典袋のや祝儀袋の水引の色にも反映されていたようです。
 
どういうことかというと、色の種類によって染織や染色技術の難易度に差があったようなのです。
ですから、難易度の難しい色の種類のほうが格式が高いと考えられていたようです。
 
ちなみに色の種類ごとの染織や染色技術の難易度は、
「金・銀・紫・赤・藍・黄・黒」
という順番だったようです。
 
いわば、染色の格式ですね。
 
ですから、香典袋の水引の色は、黒や黄色が用いられる様になったようです。
ちなみに、黄色は高貴な色として、着用は肯定のみ許された色でもあったようです。

 
 
 

香典袋の黄色の水引は京都御所の作法とも言われている!

 
また、京都御所作法の中に「精進潔斎」というものがあるのですが、香典袋に用いられる黄色と白の水引はこのことを表しているとも言われています
 
「精進潔斎」というのは、肉や魚などは食べない、飲酒や性行為もしないことによって、おこないいを慎むこと。そのことによって心身を清浄な状態にすることです。
肉類を食べず、酒を飲まず、心と体を清めて修行するのが「精進」、不浄なことを避けて、心と体を清らかに保つというのが「潔斎」です。
ちなみに、黄色は浄土を表した色だとも言われています。
 
神道では、黄泉の国がなくなった人の行く場所言われているのですが、それを表す色が黄色だとも言われています。
 
 
 

というわけで、香典袋の種類の中になぜ黄色の水引があるのか?をご紹介しました。
まとめると、
地域によって使うことがあったり、祀り事と色の格式であったり、京都御所作法からの由来などの理由がある
ということでした。
 
 
 
 
 
 
>>>【香典の相場】「簡単チェック!一覧早見表」と注意するポイントはこちら




スポンサードリンク






 【香典袋の種類】「黄色」の水引はいつ・どのように使うのが正解なの? はコメントを受け付けていません。 香典

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今回は『香典返しの「のし」の選び方や「表書き」の書き方』につ…

今回は「四十九日法要のときにお渡しするのは香典返しなのか否か…

今回は、香典袋を使う場合のお金の入れ方や向きについてです。 …

今回は、親戚の葬儀等に夫婦で参列する場合の香典の相場について…

今回は、「四十九日法要などでの香典返しの熨斗(のし)」につい…

新着情報