【香典とは何か?】意味・由来などまとめ!

今回は「香典とは何か?」についてです。
 
香典の一般的な意味や、もともとの意味や由来などをご紹介していきます。
この記事を読んでいただくことで、あなたなりの「香典とは何か?」という意見が持てるようになりますよ!
 

 

香典とはそもそも何か?

 
香典とはそもそも何なのでしょうか?
香典は「香奠」とも書いたりする訳ですが、
一般的には「葬儀などの際に亡くなった方に供える金品のこと」を指します。
 
通常は、不祝儀袋(香典袋と言われる場合もある)に現金を入れて、葬儀や通夜の際に受付などで渡しますね。
 
「典」という字は、昔は「奠」という字が使われていたのですが、
この字には、「すすめる」という意味や、「霊前に供える金品」という意味があります。
訓読みだと「まつる」と読みことからも想像できますね。
 
 


 
<スポンサードリンク>
   
 
 

香典とは何か?知っておくと役立つ意味や由来2つ

 
では、その香典を渡すという風習は、どのような由来からはじまって現在にいたっているのでしょうか?
そして、どのような意味があるのでしょうか?
これには、諸説があります。地域によって云われが違ったりするのです。
「香典とは何か?」を考えるにあたってこれは知っておいたほうが良い!というものをいくつかご紹介します。
 
 

「香をすすめる」ということから由来する意味

 

 
香というのは、もともと仏教伝来と共に日本伝わったと言われています。
それは何故かと言うと、お釈迦様が亡くなられた際(入滅といいます)に、弟子たちが香木を持ち寄って荼毘に付したを言われていて、そのことから、故人に所縁の深い人が香木を霊前で焚いてお供えしたことからはじまったとも言われています。
(寺院でも、回向の際に香炉に香木のようなものを入れてからお勤めを始める僧侶の方を見かけたりしますよね!)
 
そして、49日という言葉を聞かれたことがあると思うのですが、人が亡くなってから、49日間の間を「中陰(ちゅういん)」と仏教では言います。
(49日目のことを「満中陰(まんちゅういん)」と言ったりしますよね。)
この中陰の間、亡くなった人は「香を食す」と言われていて、そのために遺族はもちろん、会葬者もお香を持っていったこと(つまり香をすすめたこと)が、起源とも言われています。
 

 
また、「香は清める意味と仏様があの世とこの世を行ったり来たりする際の道標となる意味がある、だから香を焚く。そのために、みんなで香を持ち寄ったのがはじまり。」という説もあります。
 
 

香典には「相互扶助」という意味もある。

 


 
昔の香典は、金品の代わりに食料を持ち寄っていた地域もありました。
 
昔は、人が亡くなるとその遺族は家に籠もらないといけませんでした。
穢れが広まったり、災いを避けるためにです。
(「喪に服す」って言葉を聴いたことがありませんか?)
 
遺族は籠もらないといけませんが、僧侶であったり会葬者はたくさん訪れるわけです。
その時に、食べ物や飲み物を出さないといけません。
ですから、地域の人が食べ物などを持ち寄り、僧侶や会葬者の食事に宛てたり、遺族の食事としてそれらを宛てたのが香典のはじまりと言われている地域もあります。
これは、農村地域でよく言われますね。
 
こうやって、持ちつ持たれつ「相互扶助」の精神があったと言われています。
しかし、味方を変えるとこの相互扶助の精神が、ある意味ちょっと怖い感じがしたりします。
どういうことかというと…
 

 
「村八分」ということばを知っていますか?
簡単に言うと、その村で仲間はずれにされてしまうということですね。
では、「八分」の残りの「二分」って何のことなのでしょうか?
これは実は、「火事」と「葬儀」だと言われています。
 
いくら仲間外れでも、火事が延焼して被害を被っては困りますからかけつけないといけません。
葬式も、昔は人が亡くなるとちゃんと葬式をして供養しないと「たたり」が起こると言われていましたし、それにともなって遺族にも喪に服してもらわないといけません。
ですから、葬式をちゃんとするのか見届けたり、喪に服すのを見届けたりするためにも、食料などをもっていって援助したわけです。
 
(表の相互扶助だけを見ると「いい助け合いだな!」と思えますが、裏の意味合いを知ると「うぅ~ん…」と感じてしまうのは私だけでしょうか?)
 
 
このように、香典とは何か?をひもといていくと、様々な由来が意味があります。
 
 
 

いかがでしたでしょうか?

「香典とは何か?」私は、
 
亡くなった方への供養の心と弔慰
遺族へのお手伝いの気持ち
 
を具現化するための手段だと思っています。
 

「香典って何?」「するべきなの?」とかを考える前に、相手への自分の気持を確認することで、あなたなりの香典というものへの解釈が生まれてくるのではないでしょうか?
 
 
 
 
 
 
>>>【香典の相場】「簡単チェック!一覧早見表」と注意するポイントはこちら




スポンサードリンク






 【香典とは何か?】意味・由来などまとめ! はコメントを受け付けていません。 香典

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

香典袋の種類って意外と結構あったりするんですが、水引が黄色も…

今回は「四十九日法要のときにお渡しするのは香典返しなのか否か…

今回は、「初七日や四十九日とはどんな意味がるのか?」について…

今回は、香典金額が3000円の場合のお金の入れ方についてご説…

今回は「通夜と葬儀に両方参列する場合」についてです。 ・そも…

新着情報