香典のお礼メールを友人に送る時の「例文」と「5つの簡単手順」

今回は、香典のお礼メールを友人や友達に送る場合です。
5つの書き方の手順を例文つきでご紹介していきます。
 

 
自分の家族や身内の葬儀に参列してくれたり、香典を出してくれる友人・友達だとすると、
おそらくかなり親しい相手になるかと思います。
そのことを考慮して例文などを作成しています。
 
最低限の形式も重要ですが、大事な友人・友達が参列してくれたり、香典を出してくれたことに対しての感謝やお礼の気持を伝えることを優先しましょう!
 
 
 

「香典のお礼メール」友人・友達に送る場合の例文

それでは、友人・友達に香典のお礼メールを送る場合の例文からご紹介します。
 

 
というのが、友人・友達に送る場合のお礼メールです。
 
 


 
<スポンサードリンク>
   
 
 

友人・友達に香典のお礼メールを送る場合の5つの手順を例文を使って解説

次に、先述の例文をもとに、香典のお礼メールの5つの書き方の手順をご紹介します。
 
親しい友人・友達に送るメールが、あまりにも形式張って堅苦しい感じだと、受け取った方も、ちょっと寂しい気持ちになってしまうかもしれません。
ですから、必要な内容や形式は守った上で、くずした書き方になっても大丈夫です。
 
 

(1)件名は要件が相手にわかりやすくなるようにする

例文のように、くだけた感じで書いても良いです。
が、一応お礼のメールですから、要件はわかるように書きましょう。
 
 

(2)本文の最初の宛名はきちんと書くようにする

ここも、「◯◯様」ではなく、「◯◯ちゃん」のような書き方でも大丈夫です。
場合によっては、あだ名やニックネームで書くのもありですね。
 
 

(3)何に対するお礼なのかをきっちり書く

言葉はくだけてもいいですが、何に対してのお礼なのかはきっちり書くようにしましょう。
 
くだけていいとはいっても、「サンキュー」のような言い方などは避けたほうが良いですね。
 
 

(4)通夜や葬儀・告別式が無事おわったことのお礼と故人への思いを書く

親しい間柄の友人・友達であれば、故人が亡くなるまでの経緯なども、もしかしたら知っている間柄かもしれません。
 
そんなん場合は、正直な気持ちや感謝を伝えるのもいいですね。
また、心配もしてくれていることかと思いますから、相手が安心できるような言葉も添えられると、さらに良いです。
 
 

(5)メールでのお礼はあくまでも略式であることを忘れない

これは、どんな相手に対しても共通です。
略式に対するお詫びはきちんとしましょう。
 
 
 
というわで、友人・友達に送る場合の香典お礼メールの例文や書き方についてでした。
 
 

 
 




スポンサードリンク






 香典のお礼メールを友人に送る時の「例文」と「5つの簡単手順」 はコメントを受け付けていません。 香典

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今回は、香典のお礼メールを親戚に送る場合です。 書き方の手順…

今回は、香典のお礼メールを上司に送る場合についてです。 7つ…

今回は、香典のお礼メールを職場関係の方に送る場合です。 「例…

今回は、香典のお礼メールについてです。 例文や書き方の基本な…

今回は「香典返しに添えるお礼状の例文」についてです。 ・基本…

新着情報