【香典】金額書き方|横書きの場合はどのようにすればいいの?

香典の金額の書き方って分からないことが多いですよね。
最近は、中袋の後ろに横書きで金額を記入する欄があったりして、横書きでもいいの?って迷ったりもっしまう。
そんな、横書きの場合の香典袋の書き方もこの記事を読んでいただければ、すぐに解決できます。
今回は、
香典の金額を横書きで書く場合の書き方や注意点など
をわかりやすくご紹介していきます。
 

 

香典の金額の書き方、横書きの場合はどうすればいいの?

香典の金額の書き方って、縦書きと横書きの両方の書き方があるんです。
けれど大事なことは、

・書いた金額と中身が合っているかどうか
・どこの誰からいただいたのか?

ということがわかるということなんです。
 
一般的には横書きの場合は、アラビア数字(算用数字)を用いて、「¥5, 000-」や「金5, 000円」と書きます。
 
書き方よりも読みやすい字かどうかの方が大事だったりもしますよ。
一般的には縦書きの場合は漢数字を使い、横書き上場合はアラビア数字を使うことが多いです。
 
昔は、風祝儀袋の裏に三角に小さく折られたところがあって、そこの裏に金額をこそっと書いたりしたりしたのですが、時代が変われば風祝儀袋の型式も変わってくるものですね。
 
 


 
<スポンサードリンク>
   
 
 

香典の金額を書く場合の注意点とは?

香典の金額や香典袋に名前などを書く場合に、1番重要なことは「袋の中身と袋に書いた金額が間違っていないか?」ということです。
私も受付の経験をしたことがありますが、最後に香典の集計をします。
その時に香典袋に入れた金額を書いていない方が結構いたりするのです。
これは非常に困ります(泣)!
 
また漢数字の場合「壱」や「弐」「参」のような大字と言うものを使う場合があります。
これは、袋の中のお金を抜き取られたりししないようにしたり、金額の改ざんを防ぐために書く字です。
頭に「金」や「¥」、後に「円」や「ー」をつけること、「,」をつけることなども同じ意味です。
ただ、大事は会計上の領収書や借用書等の重要書類で書く場合によく使われますが、香典の場合は普通の漢数字でも私は問題はないと思います。
 
最近は、香典袋の中袋に金額を書く欄が設けられていたりしますが、その欄が横書きの場合もあったりします。
その場合、裏に住所や名前を書く場合に縦書きから横書きかで迷われる方もいます。
この場合は、金額の上に縦書きで書いても、金額に合わせて横書きで書いても問題はありません
 
アラビア数字や漢数字に関してですが、金額をアラビア数字で書いたのであれば住所なども同じようにアラビア数字で、漢数字ならば同じように漢数字で書くようにすると見た目がきれいになります。
 
 
 

香典袋の金額を書く上で大事なことって?

数字をアラビア数字で書くか漢数字で書くかに関しては厳密に言うと決まりはありません。
ただ先ほども述べたように、横書きの場合はアラビア数字、縦書きの場合は漢数字と言うケースが多いです。
領収書や借用書以外で、日本語の場合、横書きで漢数字を使う事は慣習的にほとんどないですよね。
1番大事なことは、何度も言いますが「名前と住所と金額がちゃんと書いてあり、中身が間違っていないこと」です!
 
 
 
いかがでしたか?
今回は香典の金額を横書きにする場合の書き方や注意点についてご紹介しました。
これで「どうやって書いたらいいんだろ~…」っていう不安も解決することができます。
是非参考にしてみてくださいね。
 
 
 
>>>【香典の相場】「簡単チェック!一覧早見表」と注意するポイントはこちら




スポンサードリンク






 【香典】金額書き方|横書きの場合はどのようにすればいいの? はコメントを受け付けていません。 香典

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「香典の金額を一万円に決めたのはいいけど、書き方はどうしたら…

会社で〇〇一同と言うかたちで香典を包む場合の相場についてご紹…

今回は、親戚の葬儀等に夫婦で参列する場合の香典の相場について…

今回は、香典のお礼メールを親戚に送る場合です。 書き方の手順…

今回は、親戚の従兄弟の場合の香典の相場についてです。 香典の…

新着情報