【香典】金額などの書き方(一万円の場合)をわかりやすく解説!

「香典の金額を一万円に決めたのはいいけど、書き方はどうしたらいいの?もうすぐ参列しないと行けないのに…」
と今焦っていませんか?
 
「一万円・壱万円・壱萬円どれが正しいの?」
「円は圓じゃないとだめなの?」
こんなことで悩んでいませんか?
 
この記事を読んでいただければ、
香典の金額が一万円の場合の袋の書き方
で迷うことはなくなります!
早速、書き方や注意点をご紹介していきますね!
 

 

香典金額が一万円の場合の基本の書き方

では香典が金額一万円の場合の書き方をご説明していきます。
金額が一万円の場合、中袋ありのものや中袋なしのもの、両方使われるケースがあるかと思いますのでどちらのケースもご説明しますね。
 
 

中袋ありの場合

まず中袋が付いている場合の香典袋の書き方についてです。
外袋に関しては上にお香典や御霊前下に名前と言うように書きましょう。(下記画像を参照ください。)
 

 
次に中袋に関してですが、描き方は二通りです。
まず中袋の表面に縦書きで金額を書いて、裏に縦書きで住所と名前を書くと言うパタンです。
(下記画像を参照ください)
 

 
次に、中袋の表側に金額・住所・名前を書くパターンです
中袋表面の右半分中央に金額、左半分に住所・名前を書きます。
(下記画像をご参照ください)
 

※画像のように、この場合は表面には何も書きません。
 
 

中袋なしの場合

次に中袋なしの場合についてです。
水引が印刷されているもの、されていないもの(水引が実際についているタイプ)がありますが、書き方は同じです。
 
表面は中袋が付いているものと同じです。
裏面についてですが、下の画像のように、左下に、住所金額を記載します。
名前は表面に書いてあるので書く必要はありません
 

 
 


 
<スポンサードリンク>
   
 
 

一万円の書き方はどうすればいいの?

一万円という金額を漢数字で書くのか?アラビア数字で書くのか?それとも大字で書くのか?悩まれる方が非常に多いです。
しかし、大事なことは何回も別記事でも申し上げていますが「中身と金額が一致していること」です。
袋の中身や亡くなった方とあなたの関係が合致している、どこの誰なのかが分かりその方からいくらもらったのかということがわかる!それが1番大事です。
ですから漢数字でもアラビア数字でも問題はありません
 
ちなみに参考までに一万円の場合の書き方を例示しておきますね。
 

上記のどの書き方でも問題ありません。
 
 
 
本来、大字などを用いるのは、商取引などの際に、金額の改ざんを防ぐためです。
ですから、「ご祝儀や不祝儀で金封に大字を使うのは作法所間違っている!」と言う方もいたりします。
まぁ、香典の金額が改ざんされない可能性がゼロでは無いですが…
ただし、金額を減らすように改ざんする事は基本的に難しいので、仮に受け付け係りの人が、香典の一部を持ち逃げするために、本来の香典金額よりも少なく書き直すと言う事は難しいでしょう。
ですから、金額をどのように書くかと言うのは、そこまで神経質にならなくてもいいと私は考えています。
 
 
 
いかがでしたか?
今回は、金額が一万円の場合の香典袋の書き方や注意点についてご紹介しました。
これで、安心して通夜や葬儀に参列することができます。
是非参考にしてみてくださいね。
 
 
 
>>>【香典の相場】「簡単チェック!一覧早見表」と注意するポイントはこちら




スポンサードリンク






 【香典】金額などの書き方(一万円の場合)をわかりやすく解説! はコメントを受け付けていません。 香典

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

香典の金額の書き方って分からないことが多いですよね。 最近は…

今回は、香典のお礼メールを友人や友達に送る場合です。 5つの…

今回は、香典のお礼メールを親戚に送る場合です。 書き方の手順…

今回は、 「香典返しを辞退する場合」についてです。 ・手紙や…

「5000円のときのお金の入れ方ってどうしたらいいの?」 「…

新着情報