香典の書き方(金額が五千円や三千円の場合)をわかりやすく解説!

香典が五千円や三千円の場合の金額などの書き方をどうするのかって意外とわかりませんよね。
 
そんな悩みもこの記事を読んでいただければすぐに解決することができます。
 

 

香典金額が五千円・三千円の場合の書き方

香典の金額が三千円や五千円の場合の金額の書き方についてですが、基本的には読みやすい字であれば、あまり気にする必要はありません
 
とは言っても「これで良いんだ!」って言うものがないと不安ですよね。
 
基本的には、横書きの場合はアラビア数字(算用数字)で書き、縦書きの場合は漢数字で書きます。
ちなみに、住所の番地なども同様です。
 
横書きなら「金5,000円」「¥5,000-」ですし、縦書きなら「金五千円」というふうになります。
香典の金額が三千円の場合も同様です。
(大字の場合の書き方は後ほどご説明します。大事というのは、簡単に言うと難しい漢数字の書き方です。)
 
「金」「¥」や「,」はちゃんと書いておく方がよいです。
(面倒くさいかも知れませんが、一応改ざん防止などの意味もありますので…)
 
では次に、香典袋に中袋がある場合とない場合の書き方をご紹介します。
 
 

中袋ありの場合

表書きは下記の画像の様に、真ん中の上半分には「御香典」や「ご霊前」と書き、下半分に香典を出す人の名前を書きます。
(名前は来た人ではなく、香典を出す人の名前です。代理できている場合は名前の横に「(代)」と書きます。詳しくは●●を参照してください。)

次に中袋ですが、書き方は二通りあります。

・一つ目
中袋表面の真ん中中央に金額を書く。

(この場合は金額は漢数字で書くのが一般的です。)
裏面の中央より右側に住所、左側に氏名を書きます。
 

 

・二つ目

中袋の裏面に金額・住所・氏名を書いてしまう書き方です。
縦書きで書く場合、中袋表面の中央より右側に金額を書き、左側に住所・氏名を書きます。(縦書きなので漢数字で書きます。)
 

 
横書きで書く場合は、左下のほうに住所・氏名・金額の順に書きます。
(横書きの場合はアラビア数字(算用数字)を書きます。)
 

 
ちなみに、最近は中袋表面に横書きで、氏名・住所・金額を記入する欄があらかじめ印刷されている場合があります。
その場合は、金額などはアラビア数字(算用数字)で書けばよいです。
 
 

中袋なしの場合

香典袋に中袋がない場合(外袋のみの場合)ですが、表書きは中袋ありの場合と同じです。
 
裏面に住所と金額を書きます。
(名前は表面に書いてありますよね!)
 
中袋がない場合は、裏面は縦書きにするのが一般的です。
(私も葬儀などの受付を結構していますが、この場合の横書きは見たことがありません。)
 

 
 


 
<スポンサードリンク>
   
 
 

五千円・三千円の漢用数字一覧

では、五千円・三千円の漢用数字の一覧です。
 

 
基本的には、どの書き方でもかまいません。
三千円の場合は「五」を「三」(「5」を「3」)に変えればOKです。
大事なことは「相手にわかりやすい字を書く」ということです。
 
この前、何人かで受付を任される機会がありまして、そのうちの一人に若い子がいました。
その子は、大字が読めませんでした。
 
一般常識だろ~といってしまえばそれまですが、大字などを知らない人が受付や香典の集計をすることも、これから増えてくるんだなぁ~ということは、用意に想像できます。
となると、わかりやすい算用数字や漢用数字を使うのがいいのかもしれません。
 
 
 
いかがでしたか?
今回は、香典の金額が五千円や三千円の場合の書き方についてご紹介しました。
これで、「どうやって書いたらいいの~?」という悩みも解決できます。
ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
 
 
 
>>>【香典の相場】「簡単チェック!一覧早見表」と注意するポイントはこちら




スポンサードリンク






 香典の書き方(金額が五千円や三千円の場合)をわかりやすく解説! はコメントを受け付けていません。 香典

>>>目次ページ(全記事一覧)はこちら

【必見】こんな記事もあわせて読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「香典の金額を一万円に決めたのはいいけど、書き方はどうしたら…

香典の金額の書き方って分からないことが多いですよね。 最近は…

会社で〇〇一同と言うかたちで香典を包む場合の相場についてご紹…

今回は、 「香典返しを辞退する場合」についてです。 ・手紙や…

今回は、香典のお礼メールを親戚に送る場合です。 書き方の手順…

新着情報